矯正のビフォーアフター(矯正実績1900症例の一部です)

●過去の矯正治療実績の一部を掲載しています。

従来型の矯正装置(拡大床、マイオブレース、プレオルソ)からインビザラインまで幅広く取り扱い、患者様の状態とご希望に合わせた矯正治療を行なっています。

 

マウスピース矯正のビフォーアフターはこちら
インビザライン
前期矯正のみのビフォーアフターはこちら
前期治療のみ
歯がガタガタ(叢生)のビフォーアフターはこちら▶
乱ぐい歯(叢生、八重歯)
出っ歯(上顎前突)のビフォーアフターはこちら▶
出っ歯(上顎前突)
口元が気になる(上下顎前突)のビフォーアフターはこちら▶
口元が出ている(上下顎前突)
深い噛み合わせ(過蓋咬合)のビフォーアフターはこちら▶
深いかみ合わせ(過蓋咬合)
噛み合わせのずれ(交叉咬合)のビフォーアフターはこちら▶
かみ合わせのずれ(交叉咬合)

その他(捻転歯、すきっ歯、過剰歯など) のビフォーアフターはこちら

その他(捻転、すきっ歯、過剰歯、先天欠如など)
受け口(下顎前突、反対咬合)のビフォーアフターはこちら
受け口(下顎前突、反対咬合)
開咬のビフォーアフターはこちら
開咬
上顎第二大臼歯、下顎親知らず抜歯のビフォーアフターはこちら
上顎第二大臼歯、下顎親知らず抜歯

当院は①ガタガタした歯並び ②出っ歯の矯正 ③マウスピース矯正の経験数が多いです。

 

インビザライン以外のケースではほとんど歯を削っていませんので、仕上がりが今ひとつのケースもあります。0.1mmの単位で歯を正確に削ったり、動かしたりできるインビザラインを用いるようになってから歯をヤスリで必要最小限、削除して治療を行うようになりました。

 

顔が小さかったり、骨格的に平均とズレが大きかったり、開始年齢が高かったり、遺伝的要因があったり、歯の根の長さが長かったり、習癖(横向き寝、姿勢が悪い、ほおづえ、舌癖、爪噛み、うつ伏せ寝、唇を咬む、指しゃぶり等)があれば矯正が難しいです。

 

癖、習慣

癖、習慣

 

特に、舌の癖があり上の前歯と下の前歯にスキマがあるケースでは、矯正後も直した歯並びが乱れてくる場合が多いので、再治療まで考えると、定額制の矯正歯科の方が総費用は安くなります。

 

弄舌癖

弄舌癖

 

逆に出っ歯とかガタガタの歯並びの場合には、当歯科で矯正を受けられた方が費用は低くなります。

当院ではお子様の成長変化を利用し、できるだけ小臼歯を抜かずに矯正を行ってまいりました。そのため、前期矯正に対する反応や成長の変化によっては、再診断が必要になり、途中で非抜歯矯正⇒抜歯矯正に変わり、矯正期間は長くなることもございます。ご理解いただければ幸いです。

矯正にはリスク・副作用があります。詳しくはこちらをご覧下さい。▶

アクセス

PAGE TOP
▲ページトップへ