インビザライン

インビザラインとは

治療の流れ

インビザライン

インビザライン

インビザライン *透明に近いマウスピース型の矯正装置(アライナー)を装着して歯並びを矯正する方法です。
*治療の段階に合わせて新しい装置に交換しながら徐々に歯を動かし、歯並びを矯正します。豊中市のこむら小児歯科・矯正歯科ではインビザラインの費用は検査から歯の移動終了まで総額60万円(税別)です。

この価格が実現できるのには理由があります。

1.自社物件でテナント料が不要
2.広告スタッフや営業スタッフもいません
3.新聞広告やテレビCMなどもしていません
その分、患者様の価格に反映されているのです。
浮いた費用で オルソパルスをご購入の上、ご使用いただくことで治療期間の短縮も可能です。

*一番のメリットは装着が目立たないこと(透明に近い医療用プラスチック使用)。

*他の矯正装置と違ってご自身の手で取り外しができます。

*食事の時には取り外すので、装置に食べ物が詰まる心配がなく、治療中も普段通り食事ができます。

*マウスピース型の矯正装置は金属を使用していません。また段階的に歯を動かしながら歯並びを矯正するので、他の矯正方法に比べて痛みも少ないです。

*唇や口の中の粘膜などを傷つける心配がありません。 

*治療期間中に装置が歯から外れてしまうなどのトラブルが少ないです。
インビザライン  

マウスピース矯正は、透明に近いマウスピース型の矯正装置(アライナー)を歯に装着して歯並びを矯正する矯正方法です。一人ひとりの歯に合わせて作製される矯正装置を装着し、治療の段階に合わせて新しい装置に交換しながら徐々に歯を動かし、歯並びを矯正します。

マウスピース矯正の一番のメリットは、装置が目立たないことです。 薄く透明に近い、医療用プラスチック製の装置は、装着していても着けていることがほとんど分かりません。治療中の見た目が気になる方、人と接する機会の多い方などにおすすめです。

また、他の矯正装置とは違って、患者さまご自身の手で取り外しができることも大きな特徴のひとつです。マウスピースは、食事の時には取り外すことができるので、装置に食べ物が詰まる心配がなく、治療中も普段通りに食事ができます。

この他にも、マウスピース矯正にはさまざまな特徴があります。

マウスピース型の矯正装置は金属を使用していません。また、段階的に歯を動かしながら歯並びを矯正します。そのため、従来の矯正方法と比べて痛みが少なく、唇や口の中の粘膜などを傷つけてしまう心配がありません。治療期間中に装置が歯から外れてしまうなどのトラブルが少ないことも特徴のひとつです。

マウスピース矯正は、治療の段階に合わせて矯正装置を新しいものに交換し、装着することで徐々に歯並びを整えていきます。
矯正装置は、患者さまご自身で交換していただく必要があるので、患者さまの自己管理がとても大切です。

  
ページトップへ
・装着時間は1日20~22時間です。必ず入れて下さい。

・装着する前は必ず歯磨きをして下さい。

・飲食時は装置を外して下さい。
→装置をつけたまま、砂糖が入ったものを飲むと虫歯の原因になります!

・歯磨きの時は、装置も研磨剤をつけずに洗いましょう。
→そのとき必ず水で洗って下さい。熱湯は破損の原因になります。

・装置洗浄剤で2・3日に1回程度洗って下さい。入れ歯洗浄剤は絶対に使用しないで下さい。

・装置を外したときはケースに収納するようにしましょう。 
 ティッシュに包むとゴミと間違えて捨ててしまいます、注意して下さい。

・装置の取り外しは、奥歯の内側から浮かせていきます。左右の奥歯が外れたら前歯を外して下さい。

・装置を入れる時は前歯から順番に入れて、奥歯までしっかりと入れて下さい。

・装置交換は寝る1時間ぐらい前にして、チューイを咬んだりゆるめたりと20分程度、5日間くらい続けて下さい。

・装置は10日~14日で交換していきます。

・1ヶ月に1度は必ず受診して下さい。

・途中装置が合わなくなったりすることがあります。
→その際は再度作り直しになるため、型どりが必要となります。

・装置が合いにくい、アタッチメントが取れた、装置をなくした・破損した場合にはすぐお電話下さい。

ページトップへ
インビザライン

1. 豊中市のこむら小児歯科・矯正歯科の歯科衛生士Tさんも、以前からずっと気になっていた「咬み合わせ」「正中のずれ」を改善するため、現在マウスピース矯正インビザラインで治療中。
先生による処方書および印象(歯型)の提出。その後、先生による治療計画の作成です。

 

コンピューター上でアタッチメントとアライナーの設計」ができあがると、アライナー製造に入ります。

インビザライン

2. 印象(型とり)後,、約一ヶ月程でアライナーが送られてきました。
Tの場合、上下、56個のアライナーが完成してきました。

10日〜2週間ごとに新しいアライナーに交換する予定なので、順調にいけば1年半〜2年で終了する予定、ということになります。

インビザライン

3. No.1アライナー装着初日。
まず、アタッチメントを歯につけます。
歯の表面に凹凸ができ、ザラザラとかなりの違和感を感じます。

その後、アライナー装着です。
アライナーで歯が締めつけられる感じですが、アタッチメントでカチッとしっかりフィットしています。
はめるのにも外すのにも、力が要ります。外すときには、アライナーの内側端に爪をかけて持ち上げるのですが、はめる時よりも時間がかかりました。
違和感もあり、発音にも苦労…
でも、痛みはあまり感じません。

インビザライン

4. 一日一回、TVを見ながら、チューイを咬むよう指導あり。
最初は、チューイを奥で咬むと嘔吐反射もあり、苦痛(-"-; だが、チューイを咬むことにより、日々しっかりフィットしてくることを実感。

 

ゴムかけも、No.1アライナーより開始。
最初は慣れずに鏡をみながら…
装具を使い、食事とブラッシング以外はつけます。

インビザライン

5. No.1を装着して2週間経ちました。
チューイにも、ゴムにも、アタッチメントにもようやく慣れてきました。
いよいよNo.2へ。

 

 

新しいアライナーは夜に交換すると、そのまま寝てしまうだけなので慣れるのが早いと言われています。

インビザライン

6. No.2〜10日ごとの交換

発音にも慣れ、嘔吐反射も少なくなってきました。
とりはずしもスムーズに、装具なしで可能に。

10日ごとの交換で、痛みも全くなく、フィット感も良い感じで順調にすすんでいます。

右下奥歯が、順番に奥へ移動しつつあるのが実感でき、アライナーの枚数を重ねるごとに楽しみになってきました。

7. いよいよ前歯も動かしていく段階にきました。
アライナー装着1日目は、少し前歯に痛みを感じることがありますが、3日目以降になれば、痛みもなくなります。歯が動いている痛みなので、少しのガマンです。

8. アライナーはフィットしているのですが、歯の移動とは別に舌癖がかなりあるようで、なかなか前歯が計画通りにいかないようです。

9. 追加アライナーの作製ヘ

初めに説明を受けたとおり、2・3回の途中、計画見直し段階にきたようです。

2回目の印象(型とり)、写真、先生の治療計画の作成です。

新しくアライナーができるまで、また1カ月程かかります。

インビザライン

10. この間を利用して、舌小帯切除をすることにしました。

舌小帯切除の手術当日は、ツバをのみこむのも痛く、物が食べられなかった(-"-;

傷口が完全に治るには数日かかりますが、舌訓練も少しずつはじめます!

11. 追加アライナーができてきました。もう一度アタッチメントを歯につけていきます。アタッチメントのつける位置や大きさが多少変わりますが、2回目なのでザラザラ感もすぐ慣れます。

12. 新たなアタッチメントをつけ、スタートです。はじめは少しきついですが、痛みはなくチューイを咬むとしっかり歯に馴染んできます。

13. ゴムかけも続けます。新しいアライナーに変わった日は少しかけづらいですが、すぐ慣れます。指でサッとかけ、もうあまり違和感も感じなくなりました。

beforeafter

14. アライナー3,4枚目でかなり奥歯の歯と歯の間にすきまがあきました。食事ごとに詰まるので歯間ブラシが必ず必要です。

15. 右下奥の歯と歯の間がかなり空いてきました。鏡で見てもわかるほどです。歯間ブラシのサイズもS→M→Lと変わりました。やはりすきまができるほど、食物も詰まりますが、歯が移動中であるので今はがまんです。

インビザライン

インビザライン

16. しっかりとゴムを使っているので順調に奥歯が動いています。全く痛みはなく普通に食事もできます。

17. 15の写真を撮った日から2か月と20日経ちました。右下奥歯の歯と歯の間もかなりつまってきて、歯間ブラシのサイズがL→M→S→SSと週ごとに変化が見られました。

現在、犬歯を奥へ移動中です。

アライナー交換日の1,2日目は少し圧迫した痛みがあるものの、順調に動いています。フロス、歯間ブラシは欠かさずブラッシングも頑張っています。

インビザライン

インビザライン

18. 15の写真を撮った日から6か月と23日経ちました。

インビザライン

インビザライン

19. 18の写真を撮った日から2か月と15日経ちました。下の前歯全体が後ろに下がり、右下の犬歯と小臼歯の間にあったすき間がかなりつまってきています。

インビザライン

インビザライン

20. 19の写真を撮った日から2か月と16日経ちました。下の前歯全体が後ろに下がり、右下の犬歯と小臼歯の間にあったすき間が閉じました。

インビザライン

インビザライン

ページトップへ
PAGE TOP